OSHMSについて

ホーム >> OSHMSについて

更なる安全衛生水準の向上のために

労働安全衛生マネジメントシステム 労働安全衛生マネジメントシステム

リスクアセスメントは、職場の潜在的な危険性又は有害性を見つけ出し、これを除去、低減するための 手法です。労働安全衛生マネジメントシステムに関する指針では、「危険性又は有害性等の調査及び その結果に基づき講ずる措置」の実施、いわゆるリスクアセスメント等の実施が明記されていますが、 平成18年4月1日以降、その実施が労働安全衛生法第28条の2により努力義務化されました。 また、その具体的な進め方については、同条第2項に基づき、「危険性又は有害性等の調査に関する 指針」が示されています。

なぜリスクアセスメントが必要か

  1. 従来の労働災害防止対策は、発生した労働災害の原因を調査し、類似災害の再発防止対策を 確立し、各職場に徹底していくという手法が基本でしたが、災害が発生していない職場であっても 作業の潜在的な危険性や有害性は存在しており、これが放置されると、いつかは労働災害が 発生する可能性がありました。
  2. 技術の進展等により、多種多様な機械設備や化学物質等が生産現場で用いられるようになり、 その危険性や有害性が多様化してきました。

これらの安全衛生対策は、自主的に職場の潜在的な危険性や有害性を見つけ出し、
事前に適確な安全衛生対策を講ずることが不可欠であり、これに応えたのが
職場のリスクアセスメントです。